ポートランドの多国籍民と多様性、互いを尊重するヒント

ニューズウィーク日本版掲載 2022年7月6日

Several people are standing at the construction site
米国有数のゼネコン会社の公売部署の部長として勤務するホリーさん(写真中央)。ステレオタイプな思考、意識的・無意識的な性差別をかいくぐりながらの職場環境と自分自身の成長。そして、異人種間の海外養子縁組の生い立ちからひも解く、現在の多様性&包摂性とは。Photo | Holly Snow

| 移民?異文化?多様性への入り口と背景


ウクライナ避難民の日本受け入れ。過去の他国からの多国籍民の受け入れ対応との温度差。アジアからの技能実習生の再来日。このような、多くの異国籍の入国というニュースが日本では目立ってきている。


初夏を迎えた緑あふれる公園で、建築会社で働くホリーさんに著者が今の日本のトピックを共有すると。あえて明るく振る舞いながら、自分の生い立ちを淡々と語り始めてくれました。


「1987年に韓国で生まれた私はね、出生と同時に乳児園へ放棄されたの。その翌年、養子としてアメリカに渡ってきたのよね。もちろん、当時1歳の私には自分の意志や選択権なんて無いし。なんていうか、見ず知らずの白人の養父母の元へ飛行機で輸出されたっていう感じかな。」


韓国の海外養子縁組の歴史は、あまり一般的に知られていないかもしれません。朝鮮戦争後の経済回復期に、韓国の多くの家族は子供を育て上げる余裕がない経済状態に陥っていました。同時に、政府による出産管理政策はしっかりとたてられていません。とはいえ、戦争復興ということでベビーブームをもたらします。この矛盾が、家系を継ぐ男の子は家に残し、女の子が生まれた場合は涙と共に養子縁組として海外へと送り出される傾向へつながったと言われています。


韓国保健福祉部の公式統計によると、1950年代以降17万から20万人の子供が海外に養子縁組として送られたそうです。そしてその数は、1980年代にピークに達しました。その後、韓国は1980年代に生まれた『赤ちゃん輸出国』という汚名を一掃するために、子供と福祉に関する法的規制を積極的に強化していきます。


この時代を象徴するひとりがホリーさん。養女としてやってきたのは、ミシガン州の田舎町。町の住人は、たった2,000人程の農村地帯。99%が白人の町で白人の養父母の基、その地域の白人の文化と価値観の基で育ちました。


「安易に想像できると思いますが、とにかく白人ばかりの小さな地域で育つのは苦しかった。実際に育った生活環境下で、アジア系の家族を見た記憶は一切ありません。もちろん、自分の養父母と一緒に行動する時には、人々の興味の視線を浴びながらの外出です。


学校や近所の子供たちからは、私の容姿や身長を理由にあからさまにからかわれ、常にいじめられていました。田舎町の大人からは、面と向かって「自分の国に帰れ」「うちの子どもとは付き合わせない」と言われ続ける日々。今考えれば、彼らから吐き出される言葉は、無知からくるものだと想像つきますが。


特に思春期の頃は、アジア人の自分のルックスが大嫌い。白人に見られたい! 白人と同じように扱ってほしい! そう切望していました。養父母に育てられ、白人の心と脳を持った自分。でも、他の人からは、アジア人という外見だけで判断をされる。そのギャップが激しくて、自分のアイデンティティに戸惑い苦しみながら毎日を過ごしていたのです。」


Little Holly is riding a horse
Photo | Holly Snow

| 私って、なに人? 多様性との出会い


今では、アメリカの海外養子縁組の環境も大きく変わっています。海外から養子を迎えるプロセスとして、幼児の出生国とその文化を尊重し学ぶことを養父母に義務付けることも常です。


でも、約40年前の海外養子縁組では、アメリカ人として育て上げるということが幸せの第一歩と考えられていました。


「私の養父母は、私の子供時代に有色人種や韓国の文化を取り入れるということには、心が向いていなかったように感じます。でも、思春期にとても思い悩んでいた私を見かねた養母は、隣町に韓国人がピアノを教えているという事を耳にして、その教室に通い始めさせてくれました。


そのピアノの先生は、それはとても暖かく素敵な女性でした。白人の田舎町で苦しんでいた私の環境を思い憂って、優しく接してくれたのです。同時に、ピアノのレッスンの間に、簡単な韓国語も教えてくれました。私にとって、それは初めて聞く生の母国語。ピアノの音色と先生の口から発せられる優しい響きに、涙があふれて止まらなかったのを覚えています。


私は生まれて初めて、『他人に温かく見守られる素晴らしさ』を体感しました。そこからです。この小さな町を出て、多種多様な人に出会いたいと切願するようになったのは。」


大学に行かない人も多かった田舎町の環境の中、必死で勉強をするホリーさん。そのかいあって、都市部の大学へ、そして大学院へと進みます。その後、就職を機に大都市のシカゴに移り住み、人種や性別を超えた人たちとの友情をはぐくんでいきました。


「多種多様な文化や人々に出会い、そこから自分が何者であるかを理解していくこと。それは、私にとって不可欠なプロセスだったのです。同時に、『違う人』であった自分自身をありのまま受け入れる。そんな、自分探しという時間も多く費やしました。


『違うこと』も良しとする。そこを互いの共通項として、同じ感覚を持った人々と出会い親交を深めていく。そんな経験を重ねることで、孤独感と疎外感は徐々に薄らいでいったのです。


多様な文化的習慣を取り入れた私は、今でも『私自身として生きる』ことに心を向け、自分自身を愛することを学び続けています。」


人種の違いからくるアイデンティティの喪失と苦悩。日本に住むあなたに、もし当てはめるとすると『精神的、文化的、地域的、性的な少数派』という点で、共感する部分があるかもしれませんね。


JE Dunn OAME Luncheon
Photo | Holly Snow

|『マイクロアグレッション』という、無意識・自覚のない・無知ゆえの差別発言


成長をしていく中、養父の影響から建築学科へと進んだホリーさん。その後、建設施工管理学を大学院で学びます。


現在は、米国有数のゼネコン会社のポートランド支社、公売部部長として勤務をしています。全国に25のオフィスを持つこの会社は、従業員数は4,000人以上。社員は白人や男性が中心です。


「女性が、建築分野で働くことは至難の業です。活躍をするという以前に、女ということだけで十分に大変なこと。ステレオタイプな思考、意識的・無意識的な性差別をかいくぐりながら、男性の同僚と同等かそれ以上の価値があること。それを常に証明し続けなければならないからです。


今では少しマシになりましたが、入社したばかりの頃は、ヘルメットをかぶって現場を歩いていると男性からは興味本位の視線の嵐。異物のように見られ、扱われていたのをはっきりと覚えています。現場での計測中に、お嬢ちゃん扱いをされたり。かと思うと、お手並み拝見とばかりに、あら捜しをしている男性が多くいたのも事実です。そしてその傾向が、まるっきり無くなったとは言えない現状。とても悲しい限りです。」


そんな職場環境で、『精神的に一番きついな』と感じることはことはどんな時ですか。こう聞くと、真剣なまなざしで話を続けます。


「プロジェクトチーム内の会議、外部会社とのやり取り。そのようなシーンで、その場にいる唯一の女性または有色人種であることが多々あります。そのため、会議が進行していく中で『マイクロアグレッション』と呼ばれる無意識・自覚のない・無知ゆえの差別発言を多く浴びることが常です。もちろん、意識的に微妙にその部分をついてくる嫌な人もいますが。


ですから、いつ、どのような発言をどのようにすべきか。それを常に考えていることが必要となってきます。でもそれによって、心と脳が収縮してしまい。堂々と自分の意見が言えなくなってしまったり。正しい判断を導くのに時間がかかったりもします。正々堂々と毅然とした態度でいる。常に自分との闘いです。」


もちろん、マイクロアグレッションやパワハラ、セクハラというのは、男性から女性だけに向けられているものではありません。その逆もしかりです。


そんな現状から、ホリーさんが考える具体的な組織のサステナブル、多様性&包摂性への道筋とはどのようなものでしょうか。


Sign not to discriminate
Photo | iStock


|  新しい価値観の世の中で


「日本の女性へのアドバイス。それは、自分を信じ、自分を擁護し、素晴らしいメンターを(職場の内部や外部で)見つけること。その業界に、見本となる同性の先輩がいなければ、他業種交流などで幅を広げてみてください。女同士が足を引っ張り合う時代ではなく、女性同士は成熟した人として、切磋琢磨を意識して行うべき時なのです。


日本の男性へのアドバイス。それは、女性をどう見ているのか。自分が受けてきた文化的教育、思考はどうなのか。現代の感覚とズレていないか。その部分をまずは考えてほしいのです。そして、気づいた部分があれば、少しずつでも変える努力をしてください。思考の修正は、自然には決して変わりません。男性の自分がされたり言われて嫌なこと、それを同じ人間である女性にしないでください。同じ人間として対等に尊重し合うこと。ある意味、当たり前のことなんですけどね。」


同時に、それぞれの組織のサステナブルや多様性&包括性の具体的なアドバイスをこう続けます。


「異なる性別、背景、文化、宗教、民族を持つ人々がいる事を理解をする。そして、一人ひとりが違う、けれども同じ人間であることを認めてほしいのです。そのための教育やトレーニングの機会を設定して、実行していくことがとても重要な時代です。


これからの時代に合った組織であるかどうかを確認する方法。それは、リーダーシップの顔ぶれを見て多様性に富んでいるかどうか。加えて、従業員の顔ぶれ、人材の採用方法、取引先社の傾向、地域社会への貢献度などからも、その組織の多様性や包摂性を読み取ることができるはずです。」


さらに、より良い未来のために、そして自分自身のために情熱を注いでいることがあると言います。


「今一番力を入れているのが、将来を担う高校生への指導、メンター・プログラムです。オレゴン州の非営利団体メンター・プログラムの理事という地位を用いて、高校生で建築、建設、エンジニアリングに関心のある学生を指導しています。女性や有色人種にとって、私のようなアジア系アメリカ人女性が建設会社で働いているのを見て、自分にも可能性があるんだ。そう、感じてほしいのです。自信を持ってほしいのです。」


このメンタープログラムを通して、学生に自信を与える手助けをする。このことで、自分自身もよりたくましく折れないように頑張っていける。そう、目を大きく見開きながら輝くホリーさん。


職場環境での自分自身のトレーニング。このことは、現在のプライベートにも良い影響を与えています。


Holly, her husband and two children
Photo | Holly Snow

| 互いの世界を持ち、尊重し合う


建築業界で知り合った男性と結婚して4年目。interracial couple (インターレイシャル カップル=異人種間カップル)として授かった二人の子ども。文化の協働という日々の暮らしを営んでいます。


「異人種間養子縁組として育った私が、異人種間カップルとして結婚をしました。やはりお互いの経験や世界観が違う分、乗り越えるハードルの数は多いと感じます。とはいえ、人種的な違いではなく、それぞれが生まれ育った環境の違いによって、日々の暮らしや子育てに対するアプローチに違いを感じる。これは、同人種間カップルでも同じだと思います。


大切なのは、互いの文化背景を理解して尊重し合うこと。そして互いの意見に耳を傾け、相手がどのように感じているかをエンパシ―をもって接すること。


私は異人種間養子として文化的にアメリカの家庭で育ったので、私たち夫婦には共通点があります。同時に、私の失われた韓国文化を意識的に少しずつ生活に取り入れるんですよ。子供と一緒に自分のルーツを学んでいくことが、今はとても楽しいんです。」


知らなかった文化的習性、思考、協働生活に常にオープンであることに心を寄せる。違う文化を統合して、気持ち良く自分らしさを表現する。そこから新しい文化や価値観を作りだすことは、とても美しいこと。凝り固まった古く歪んだ文化的なものから足を出し、他の文化や新しい価値観を学ぶことを恐れないでほしい。そう締めくくってくれました。


自分とは違うタイプの人を受け入れる環境へと、少しずつ変化を遂げている日本。


今日あなたは、どのように自分の心をすこやかに保ちながら、新しい文化、考え、人を受け入れていきたいですか。



記:各回にご登場いただいた方や記載団体に関するお問い合わせは、直接山本迄ご連絡頂ければ幸いです。本記事掲載にあたってのゲストとの合意上、直接のご連絡はお控えください。